ABC症候群-Cをシーと言ってしまう、日本人の病気

ABC症候群…Cをシーと言ってしまう日本人の病気

1. ABC 症候群 /si/を「シー」と言ってしまう病気

次の単語を正しく発音してみてください。正しい発音は、左の発音記号、日本人の発音は、右のカタカナで表しました。ほとんどの日本人が、/sI/ もしくは、/si:/ を「シ」と「シー」で言い換えて読んでいます。これを私は、「エービーシー」症候群と呼んでいます。 この病気は、 有声音の/zI/ もしくは、/zi:/ を「ジ」と「ジー」で言い換えてしまう別の病気と連鎖しています。それでは、次の和製英語化になっている英単語を読んでみてください。
1-1 ABC症候群の単語 
表1-1-1 日本人の間違えやすい単語top1  /sI/ もしくは、/si:/ を「シ」と「シー」  
表1-1-2 日本人の間違えやすい単語top2  /zI/ もしくは、/zi:/ を「ジ」と「ジー」 
少なからずいくつかの単語を、/sI/ もしくは/si:/「シ」「シー」、/zI/ もしくは/zi:/「ジ」「ジー」と発音してしまったのではないでしょうか。上記単語は、日本語化しているので、間違えやすいと思います。でも、それではネイティヴには通じません。
1-2.ABC症候群の生まれる理由

日本語のサ行には、子音が2つあります。一つは英語とほぼ同じ位置に舌が口蓋に付く/s/ともう一つは、/c/(音声学上の記号ではありません。)です。サ、シ、ス、セ、ソのサ、ス、セ、ソの子音は/s/ですが、シだけ/c/なのです。
サ/sa/、シ/ci/、ス/su/、セ/se/、ソ/so/です。
/s/は、口蓋雛壁(硬口蓋の洗濯板のような出っ張り)に舌の先の対応している部分が当たります。/c/は、硬口蓋の端真ん中にずれます。(硬口蓋とは、口の上の骨が固い部分で、口蓋垂(通称、のどちんこ)あたりを軟口蓋といいます。)
日本語は、子音の次に、すぐに母音が来ます。シも/c/の次に/i/が来るので、/s/だと、距離があるので/c/になってしまい、スィーでなくてシになったのです。昔は、日本語もシでなくて、スィだったそうです。
 図1-1 /s/と/c/が口蓋に舌が付く位置 
/s/から/i:/, /z/から/i:/に移動するのに、大人で、舌筋の緊張部分が約2センチ移動しますが、/c/から/i:/ですと、ほとんど移動がなく発音できるので、日本人は楽な方に移って行ったと思われます。
1-3 ABC症候群の治療 
1-3-1舌の位置を変える/si:/ /sI/ /si/ /zi:/ /zI/ /zi/
まずは、日本語の「サ、セ、ス、ソ」「ザ、ゼ、ズ、ゾ」のどれでもいいですから、母音を入れないで、/s//z/の音だけを言ってみてください。スであれば、スゥと言わないで、ス/s/だ、ズであれば、ズゥと言わないで、ズ/z/だけです(子音だけ)。……①
そこから、母音の/i:/ /I/に向かいます。
まずは、/i:/と言ってみてください。/i:/は共鳴スポットAで、声のベクトルが後ろです。/I/は共鳴スポット
Bで、声のベクトルが後ろです。……②

①+②です。滑らかにいかない場合は、①、②をそれぞれを練習してから、続けるようにしたみてください。
其の後、表1・2の単語練習をしましょう。
  図1-3-1-1 /i:/  アメリカ英語      図1-3-1-2  /I/ アメリカ英語7
1-3-2 腹圧                     
次に注意してもらいたいのは、腹圧です。みぞおちの腹筋を締めます。
1-3-3 顔の筋肉の使い方
腹圧をかけると、以下のように英語の/s/ /z/の発音の時は、日本語の/s/ /z/に比べて顔の筋肉が緊張します。
図1-3-3-1日本語の/s//z/       図1-3-3-2英語の/s//z/      
母音の/i:/,/I/も日本語の「イ」と顔の筋肉の使い方が違います。
図1-3-3-3  日本語の「イ」  図1-3-3-4  /i:/       図1-3-3-5  /I/
1-4 挑戦センテンス
挑戦!/si:/ /si/ /sI/

1.She took a seat in the simple cinema to see a classic movie about the city of Seattle.
2. He was sitting on a seesaw in a city eating seafood Caesar salad in secret.
挑戦!/zi:/ /zi/ /zI/
3. Daisy was downsizing her cruising business because of a crazy president from Zimbabwe.