弁護士のための英語/TOLES試験対策 平成20年10月開講

TOLESコース

ACE PROは、日本で唯一の私塾TOLES承認校です。

TOLESとは

TOLESとは、国際社会での共通語である英語での世界共通の専門用語および表現方法をどれだけ理解しているかを示す指標試験です。
テストは3つの基準があり、基本(Foundation)、発展(Higher)、上級(Advanced)です。イギリスの民間会社(Global Legal England Ltd)で作られていますが、現在世界中で国際弁護士のや国際弁護士を目指す人が受けています。この波は、日本にも押し寄せています。
テストの結果は次のようにパーセンテイジで表されます。
81-100: Excellent  61-80;  Very Good  41-60:  Satisfactory  0-40:  Does not yet posses legal English
基礎 (The Toles Foundation Examination) テスト例  テスト結果の評価
このレベルは、通常の英語力の志願者に、法律用語を正しく使っているか、また、重要な分野の法律用語の知識があるかどうかをテストするものです。この試験の狙いは、法律用語が個別の意味とは違って、文脈での意味をつかめるかです。文法問題は、ありふれた文法ミス、熟語の使い方、前置詞の選択などです。ライティングは、現在形、過去形、能動態がこのレベルでは推奨されます。
時間:90分
テスト:リーディングとライティング
要点:文脈の法律用語
発展 (The Toles Higer Examination) テスト例  リスニングテスト例  テスト結果の評価
FOUNDATIONを受験してからが推奨されます。本質的な法律用語の知識とそれを現実的に使えるかどうかをテストします。HIGERは、FOUNDATIONで会得した法律用語を、正確かつ適切に使えるかどうかをテストするものです。Paper1では、単語は、伝統的な英語の試験問題と同様に、契約や書簡の本物の内容でテストされます。正確さと熟語の正しい使い方が強調され、また前置詞もテストされます。手紙を書く能力も、法律用語、形式、登記に集中して、限定された方法で、テストされます。契約の法律用語や文法がFOUNDATIONから引き続きます。Paper2では、理解力のためのリスニング力と特別な単語のリスニング力がテストされます。 時間:リーディングとライティング 90分、リスニング 30~45分
テスト:リーディングとライティングとリスニング
要点:法律用語を適切に正確に使うこと。法律言語の記録。
上級 (The Toles Advanced Examination) テスト例Reading+Writing+Listening 120分 テスト結果の評価

TOLESコース対象受講者

1. 国際法を扱い、世界中の弁護士と十分に正しく理解されることを望む弁護士
2. 国際法の習得および英語能力においては所属の法律事務所や企業で一番有能になる準備をしている弁護士
3. 英語圏でLLMs取得を目指している弁護士、法学部大学生
4. 弁護士ではないが、企業や政府の法律関係部署に所属の方で英語で他国の弁護士とスムーズなコミュニケーションを必要としている方
5. 法律で使われている正確な英単語やスピーチパターンの習得とその能力の保証を示す資格の取得を必要とする企業や政府機関の翻訳家や通訳
       の方

TOLESコース内容

TOLESのFOUNDATION は、Reading+Writing、HIGERは、Reading+Writing+Listeningですが、下記図からも分かるように、この3技能のすべてに、大脳の発音を司る部分を使います。ですから、ACE PROのTOLESコースは、ACe PROオリジナルメソッドの発音指導を含みます。
脳内フロー
期間:1ターム12週(3か月) 全コース3ターム 1回2時間 15分間休憩

要目の要約

TOLESコースの授業は、12週間期間の間に週に2回行います。段階が二つあり:基本と上級で、各授業部分のPart A とPart Bに相当します。

基本授業は、Part A に焦点を絞ります。Part B を勉強し始めるのは、生徒がすべてのトピックにPart A を身に付いたことを示す後からです。
上級授業は、Part A を復習しますが、Part B に焦点を絞ります。上級確認証をとる企及する前に、基本確認書を得る必要があります。

一般的な進め方:
1週間目から10週間目までThe Lawyer’s English Language Coursebook(弁護士の英語教科書)の概略を利用し、実質的な、法律と経済の実行に於ける特定な言語を学びます。例え:

1)法曹
2)銀行業の言語
3)契約法の言語
4)雇用法の言語
5)Tort (不法行為)法の言語
6)契約会得
7)商事法の言語
8)現代手紙の書き方(US/UK式)
9)会社法の言語
10)契約会得(徹底的に)

その上、各授業は、An Essential A-Z of Business Law(重要な商事法のA-Z)とThe Vocabulary of Commercial Contracts(商事契約の語彙) から導き出した単語リストとACEの特殊な方法を使い、追加の単語と発音も練習します。この発音とクリアな口頭コミュニケーションに集中する機会は、ACEの唯一の方法によって、ACEの生徒に判然と利点を与えます。

11週間目と12週間目は、聞き取りの能力に集中し、様々なアクセントを持つ話し手を取り上げ、実生活からの状況を勉強します。復習も、質問を提出するチャンスも、模擬試験の機会もあります。

生徒には、自分ができると感じるまでTOLES試験にサインアップする必要はありません。自分の能力が確信できるまでTOLESコースを何回も繰り返せます。この貴重な信任状を得るために、各試験をいくらでも受けられます。

TOLES実施日

平成20年11月22日

平成21年1月24日
     3月21日
     6月27日
     8月22日
    11日21日

TOLES使用教材

An Essential A-Z of Business Law / Birtley, England (2011), Cambridge Law Studio,)

This book provides a basic vocabulary of legal terms, many of which are “terms of art” specific to legal contexts.  Through definitions, usage exercises and classwork, the student will learn words that will be essential in understand and drafting a variety of legal and law-related documents.

(重要な商事法のA-Z)

この本は、法律用語の根本的な単語を備え付けています。この多くは特異的な法律状況における “Terms of art” (芸術用語)です。定義、利用練習、それから学業することにより、生徒は様々な法律書類を理解し、その上作ることに欠かせない言葉を習います。

The Vocabulary of Commercial Contracts / Birtley, England (2011), Cambridge Law Studio

This book expands on the basic vocabulary to include language specific to contracts and agreements, many of which are “terms of art” used in no other context.  Valuable to anyone who drafts, reads or needs to understand the terms of any contract in English, this book again uses definitions and exercises, plus classwork, to provide a thorough understanding English-language contractual documents.

(商事契約の語彙)

この本は、基本的な用語についてさらに詳しく述べ、契約以外に使われていない用語(“Terms of art”)が含んでいます。契約を草案する、又は読み解くことが必要な方々に価値があるこの本からは、前の本と同じく、定義、利用練習、それから学業することにより、英語契約書に徹底的な理解ができます。
The Lawyer’s English Language Coursebook (2nd Edition)  / Birtley, England (2016) Catherine Mason

This is the basic, comprehensive and essential text book that explains the basics of various areas of law.  Through text, exercises and classwork, study of this book provides a complete course for both the Foundation and Higher levels of TOELS and a basic grounding in the legal system in English-speaking countries and those using a common-law (English-based) legal system, as well as identification of issues to address in countries following different basic legal systems or hybrid legal systems.  This allows the student to understand the legal issues and situations faced by international lawyers and those who work in banking, finance, government, NGO, business and other associations whose missions cross international boundaries. 




これは根本的で包括的な、色々な方面から法律の基本を説明する教科書です。テキスト、練習、それから学業によって、この本を利用することは、基本レベルと上級レベルの完成したTOLESコースとともに、英語使用国々とコモンロー(イギリスの制度に基づく)の法律制度の基礎知識を備え付け、及び別様の根本法律制度と混成法律制度を使用する国々における課題に対処することを指摘することができるようになります。これで生徒が国際弁護士や、銀行業、財政、政治、NGO、商売などの、国境を超える仕事に勤めている人が直面する法的課題と状況が理解するようになります。

教材一部

費用

プライヴイト

グループ

講師

クレア・ユーマン